yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

生野菜は本当に健康にいいの!?~昔は生では食べなかった~

まりこ
みなさん、こんにちは!薬剤師のまりこです。よろしくお願いします。
皆さん、食事をするときに生野菜って食べてますか?
ついつい麺類に偏ってしまう我が家では、健康のために生野菜のパックやサラダを買って一品増やしたりしてます。
生野菜のサラダっていかにも健康的ですよね。
でも、私の好きな武田邦彦先生の記事で、「実は生野菜は健康によくない」というのを見つけました。
今回は、そんな話をかいつまんでまとめていきたいと思います。

昔は生野菜は食べられていなかった

日本で生野菜を食べることができるようになったのは、「農薬と化学肥料」が使われるようになってからで、40年ほど前からです。
それまでは、生野菜を食べたらたちまち回虫などに苦しむことになったからなんです。
医食同源を強調する日本文化では、生を食べるということはかなり危険だと認識されていました。
人間は細菌、ウィルス、小さな虫などと一緒に暮らしていますが、それが口の中に入ると問題が起きるからです。

現在でも

農薬、化学肥料、着色剤、放射性セシウムなどが野菜に付着しているので、できるだけ避けたいものです。

では、なぜ野菜は生で食べられるようになったのか

少なくとも40年より前の人は生野菜を食べずに生きていました。
戦争や結核でなくなる人もいたので平均的な寿命は短かったのですが、長寿の人もいくらでもいらっしゃいました。だから、まずは生野菜が人間にとって必須のものではないことがわかります。

水に溶けるビタミン、熱に弱いビタミン

  • 水に溶けるビタミン:「ビタミンB」「ビタミンC」
  • 熱に弱いとされるビタミン:「ビタミンC」

この2種類のビタミンが調理することによって失われるといわれてきました。だから生で食べるとビタミンを失うことなく取り入れることができる思われたんですねえ。
しかし、野菜はどうせ水であらったりします。農薬の心配がある場合は特に丁寧に洗いますよね?
実は、ビタミンの構造を調べると、ちょっとの水で溶けたり、熱で壊れたりしないことがわかります。

調理しても栄養はほとんど失われない

味噌汁に入れたり、炒め物にするなら仮に水に溶けても食べるものの中に入っています。
栄養学のデータを見てみると、調理で失われることはあってもせいぜい2割ぐらいで、大半は残っています。まして生野菜は食べられる野菜の種類が限定され、農薬の危険があり、さらにドレッシングをかけるので健康にはそれほど良くないと思われます。

意識してビタミンCを取らなくても大丈夫

私たち人間はビタミンCの合成能力を失った生物です。
それは普通に食べていると適当に野菜も果物も食べるし、尿酸がビタミンCの代わりもできるからです。
そのため、合成能力を失ったとも言えます。

まとめ

みなさん、いかがでしたか?私自身、「生野菜は体にいい!!」と思って、ほぼ毎日サラダとして食べていました。
でも、逆にお味噌汁やお浸しでたべる方がいいんでしょうね。
どんなものも程々がいいんでしょうね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
書いて欲しい記事、今回のブログに関する質問等があればお気軽に下記、LINE@までお問合せください。