yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

【再編集版】白砂糖って本当に危険なの?~まことしやかな嘘、ホント~

まりこ
みなさん、こんにちは!薬剤師のまりこです。よろしくお願いします。
みなさんは、砂糖を買うときどんな砂糖を買っていますか?
私は茶色い砂糖「三温糖」を買うようにしています。
なんか体に良さそうだからです。
でも、ふと疑問に思いました。精製されている砂糖は体に悪いとかいいますが、その理由をよく知らないことを。
疑問に思うと寝れなくなっちゃうので、とことん調べてみましたのでここでまとめてみますね。
今回のお話

___

白い砂糖の害!?

某サイトによると白い砂糖には下記のような害があるとしています。

  • 虫歯になる
  • ビタミンB1欠乏症になる
  • 肥満・心臓病などの生活習慣病になる
  • ガンの危険因子となりうる
  • 免疫力が低下する
  • 落ち着きがない・イライラする・キレやすい・集中力の低下
  • 腸内環境が悪化する
  • 中毒性がある

個々の説明は割愛しますが、ようするに白い砂糖を摂取すると糖を分解するために必要なミネラルが体内から消費されるので、上記のような症状になるというのです。
本当にそうなのでしょうか?
他の砂糖とも比べながら調べてみたいと思います。

___

各砂糖の違い

みなさんは、「白い砂糖は漂白されている!!」という都市伝説を聞いたことありませんか?
本当に漂白しているのでしょうか?それぞれの砂糖の製糖方法から比べてみましょう。

上白糖(白い砂糖)


「原料糖(元は天然素材のサトウキビ)」を精製して作られていきますが、機械で原料糖を「蜜」と「結晶」に分離して不純物を取り除きます。
このうち「結晶」を液状にしてろ過する作業を繰り返すことで白くなり、これを乾燥させたのが上白糖やグラニュー糖やザラメ糖になるのです。
つまり、白い砂糖は、漂白などしていません。

三温糖


「上白糖」精製工程の機械で分離してできた「蜜」を煮詰めて結晶にしたのが三温糖です。
三温糖が茶色いのは、過熱を繰り返した結果なのです。(カラメル的な感じですね。)

きび砂糖


上白糖と同じような工程で作られた商品に分離した「蜜」が加えられています。
茶色いのは、「三温糖」と同じ「蜜」を加えているからですね。

黒砂糖


サトウキビを絞って煮詰めて結晶化したもので、サトウキビの中のミネラル分(カリウムやカルシウム)が詰まっています。

___

各砂糖の栄養

製糖の違いは上記の通りでした。なんだか黒砂糖意外、他の砂糖は製糖方法が少し違うだけのような印象ですね。
では、栄養面ではどうなのでしょうか?本当に上白糖は他の砂糖に比べミネラル等が少ないのでしょうか?
それぞれ調べて表にしてみました。

100gあたりの栄養を調べてみました。
確かに黒砂糖は断トツの首位ですよね。栄養価が高いのが一目でわかります。
しかし、その他の砂糖については、黒砂糖にくらべると大差ないように思われます。
試しにごはんの栄養も調べてみました。
ご飯は、100g以上食べることがありますので、含まれる栄養は重要かもしれません。
しかし、砂糖は一度に100g食べるってことは無いですよね?
一緒に食べる食材の栄養をもっと気にするべきではないでしょうか?

科学的根拠はありません

白い砂糖の害について科学的根拠は無いようです。いくつかの噂や嘘について調べてみました。

虫歯になる

お砂糖を食べなくても、虫歯にはなります。
虫歯は、口内の細菌(虫歯菌)が増殖して歯を溶かす物質(酸)を作り出す事によって起こります。
虫歯菌は歯に付いた食べカスをエサとして増殖します。つまり、砂糖に限らず、食べカスが口の中にあると、虫歯になるという事です。

ビタミンB1欠乏症になる

お砂糖でビタミンやカルシウムが失われることはありません。
砂糖を食べるとビタミンB1欠乏になるとか、B1不足の為に血液が酸性になりカルシウムが溶け出すとか、カルシウム自体の効きめが弱まると言う、噂が聞かれることがありますが、これは誤りです。
確かに、砂糖に限らず炭水化物を体内でエネルギーに代謝するためにはビタミンB1が必要です。でもそれはビタミンを奪うとか、壊すという事とは異なります。
確かに白い砂糖(精製糖)にはビタミンB1やカルシウムがほとんど含まれていませんが、すべての栄養を一つの食材から摂取するのはどんな食材でも無理な話です。
バランスのとれた食生活が大切ですね。

肥満・心臓病などの生活習慣病になる

大切なのは摂取した栄養と運動とのバランスです。
摂取したカロリーよりも消費したカロリーが少ないと、そのエネルギーが体に蓄積され肥満や生活習慣病の原因となります。
つまり、砂糖を摂るのが原因ではなく、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いことが原因なのです。

落ち着きがない・イライラする・キレやすい・集中力の低下

砂糖と異常行動(キレる)は無関係です。
最近、「キレる」人が多くなったといわれることがあり、これは砂糖の過剰な摂取が原因であると指摘されることがあります。
これは科学的にも根拠がない全くの誤解です。
砂糖を一度に大量に摂取した場合に、上昇した血糖値を下げるために、インスリンが分泌されます。このとき体質により過剰にインスリンが分泌されてしまい、低血糖状態となる症例が報告されています。
この際に精神的に不安定な状態となり異常行動を起こすことがアメリカで報告され、これが砂糖を過剰に摂取すると「キレる」という話しの根拠となっていると考えられます。
こうした症例は稀なケースであり、「キレやすい」性格が砂糖の摂取を止めることで改善するとは考え難いものがあります。 怒りでカッとしたときには、甘いココアでも飲んで、リラックスした方が効果的ではないでしょうか?

___

ミネラルが欲しければ食物から

よく「白い砂糖が危険」とかの内容を載せている記事ではミネラルが無いこと大げさに書いていますが、砂糖自体は料理につかってもせいぜい大さじ(15g)1~2杯程度ですよね。一人分として食べる量はもっと少なくなります。この砂糖のミネラルの量を気にするなら一緒に煮る野菜等のミネラルを気にするべきではないでしょうか?
例えば「すき焼き」を作るとき、鍋には大さじ2杯程度の砂糖と醤油と酒でお肉や白菜を煮ると美味しいですよね?
でも、これは2~3人分です。野菜やお肉、卵も食べてますよね。
ミネラルを気にするならバランスよい食事からにしましょうね。

サプリを上手に活用

本当にバランスよくミネラルを摂取するには、結構な量の野菜を食べる必要があります。
私は、基本的に食事はバランスよくを心がけていますが、サプリメントも上手に活用することも心がけています。
最近ではお手頃な価格で豊富なミネラルを含んだ栄養ドリンクもネットで購入できますので助かっています。
👉まりこのおすすめ👈

___

まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?
最近おもうのですが、何かを悪者にして注目を集め、自社のブランドや商品販売を有利に行おうとしている傾向があります。
私は、こういった嘘や誤解をこれからも正していきたいなと考えています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
調べて欲しい内容や質問等がありましたら、下記LINE@まで連絡してくださいね。
バイバイ(@^^)/~~~