yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

カップラーメンは本当に体に悪いのか?~他の食品と比較してみました~

まりこ
みなさん、こんにちは!育休中の薬剤師、まりこです。よろしくお願いします。
みなさん、カップラーメンって好きですが?朝ドラでも話題になっていますが、主人はカップラーメンが大好きで毎朝食べています。
でも、カップラーメンって体に悪いっていうイメージがありますよね?
だから、いろいろ調べてみました。本当にカップラーメンは体に悪いのでしょうか?

カップラーメンが体に悪いという理由

『カップラーメン 危険』とグーグル先生で調べてみると、様々な記事がヒットします。
そんな記事で危険と理由づけているものを上げてみました。

過酸化脂質

インスタントラーメンは油で揚げることで麺の水分を一気に蒸発させ麺を乾燥させます。こうすることで麺の中に無数の穴ができ、お湯いれたときに均等に水分を吸収して麺に戻るわけです。これはとても素晴らしい発明ですよね。朝ドラを見ていても感動しました。
この油で揚げるという行為ですが、ある記事では問題視しています。

ほとんどのカップ麺は油であげているため過酸化脂質ができますが賞味期限が長いため、時間の経過とともに過酸化脂質は増えていきます。

では、この過酸化脂質とは何なのでしょうか?これも調べてみました。ウィキペディアでは、こう説明されています。

過酸化脂質(かさんかししつ)はコレステロールや中性脂肪といった脂質が、活性酸素によって酸化されたものの総称である。(中略)数あるがん発生原因のひとつであると考えられている。

つまり、脂質等が体内に入ったときに分解する過程でできる発がん性物質の一つだそうです。最初の記事ではラーメンを油で揚げると出来ると書いてますが、他のサイトも調べましたがそんな情報はありませんでした。油物を食べると体内で発生するものですから、ラーメンだけを悪者にしている記事のような気がします。
では、カップラーメンの脂質は本当に多いのでしょうか?他の食品と合わせて脂質の量を比べてみましょう。
日清のカップヌードル・・・15.2g
やよい軒のとんかつ定食・・・29.4g
すき屋の牛丼・・・25.0g
びっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ・・・28.2g
とんかつ定食では、ほぼ倍です。でもとんかつ定食が発がん性物質が~ってあまり聞きませんよね?

添加物

添加物についてもよくカップラーメンが代表のように言われますよね?
果たして添加物って本当に体に悪いのでしょうか?前回書いた記事を参考にしてみてください。
食品添加物は本当に危険なのか?食品添加物の役割と安全性!
添加物=危険という考え方は間違っています。
どんな食品も取りすぎると体に悪いのです。安全な量というのは国が厳しく監視していますので安心して食べれると思っています。

塩分

ラーメンに塩分が多いというのは良くききますよね。でも他の食品と比べたことはありませんでした。
この機会に調べてみると面白い結果になりました。
日清カップヌードル・・・4.9g
やよい軒のとんかつ定食・・・2.7g
すき屋の牛丼・・・2.5g
びっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ・・・2.3g
永谷園あさげ(味噌汁)・・・2.0g
塩分に関してカップヌードルが堂々の首位でした(笑)お出汁は美味しいですが、残すようにしましょうね。でも他の食品も味噌汁をつけると一気に塩分が増えちゃうので気を付けましょう。

カロリー

カップラーメンも太る原因のようによく言われますよね。麺が炭水化物だからだとは思いますが、実際のどうなのでしょうか?
成人が一日に必要な摂取カロリーは、標準体重に25~30をかけた数値になります。
例えば体重60kgの方ですと、1500~1800kcalになりますね。
この数値を目安に見ていきましょう。
日清カップヌードル・・・353kcal
やよい軒のとんかつ定食・・・766kcal
すき屋の牛丼・・・733kcal
びっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ・・・783kcal
比べてみるとよく分かりますね。加工食品の中でもカップラーメンは圧倒的に低カロリーなんですね。最近ではカロリーオフのラーメンもあるので更にヘルシーですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最近ではなんでも悪者にしたててからその理由をあとから探すものが多いように思います。カップラーメンもその一つです。
カップラーメンは体に良いとはいいません。でも悪いともいいません。私がまとめた内容を参考にご自分で判断して欲しいのです。
誰かが悪いという情報ありきで書いた情報にまどわされないようにしてほしいって思ってます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ご意見、ご感想は下記のLINE@に気軽にお問合せくださいね。