yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

マイナンバーカードが保険証として使えるようになる件

まりこ
みなさん、こんにちは!育児中の薬剤師、まりこといいます。
2021年3月(予定)からマイナンバーカードが保険証として使えるようになります。
私の薬局でもこれについてのポスターやチラシが届いています。
今回は、この内容を少し紹介します。
今回のお話

___

マイナンバーカードとは

「内閣府」のホームページでは、以下のように説明されています。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードは、住民の皆様からの申請により無料で交付されるプラスチック製のカードです。 カードのおもて面には御本人の顔写真と氏名、住所、生年月日、性別が記載されていますので、本人確認のための身分証明書として利用できます。 また、カードの裏面にはマイナンバーが記載されていますので、税・社会保障・災害対策の法令で定められた手続きを行う際の番号確認に利用できます。

マイナンバーカードの利用場面

マイナンバーカードのICチップには電子証明書などの機能を搭載していますが、電子証明書を利用する際にマイナンバー自体は使用していませんので、民間事業者を含め様々なサービスに活用することができます。 例えば、マイナンバーカードの電子証明書で本人認証を行うことで、コンビニで住民票の写しや印鑑登録証明書を取得できるほか、確定申告などの行政機関に対する電子申請などに御利用いただけます。

まりこ
一時は、テレビとかでも話題だったんですが、最近ではマイナンバーカードのことはあまり聞きませんよね。
確かに住民票がコンビニで取得できるのは便利ですね。まだ、コンビニで取得したことないですが(笑)
___

マイナンバーカードが保険証として利用できるメリット

厚生労働省のホームページをみると以下の6つのメリットがあると書かれていました。

1.健康保険証としてずっと使える!

マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引越ししても保険証の切替えを待たずにカードで受診できます。

2.医療保険の資格確認がスピーディに!

カードリーダーにかざせば、スムーズに医療保険の資格確認ができ、医療機関や薬局の受付における事務処理の効率化が期待できます。

3.窓口への書類の持参が不要に!

オンラインによる医療保険資格の確認により、高齢受給者証や高額療養費の限度額認定証などの書類の持参が不要になります。

4.健康管理や医療の質が向上!

マイナポータルで、自分の薬剤情報や特定健診情報を確認できるようになります。(2021年秋頃予定)
患者の同意のもと、医師や歯科医師がオンラインで薬剤情報や特定健診情報を、また、薬剤師も薬剤情報を確認できるなど、より多くの情報をもとに診療や服薬管理が可能となります。

5.医療保険の事務コストの削減!

医療保険の請求誤りや未収金が減少するなど、保険者等の事務処理のコスト削減につながります。

6.マイナンバーカードで医療費控除も便利に!

マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります(2021年秋頃予定)。
確定申告でも、マイナポータルを通じて医療費情報を取得し、医療機関等の領収書がなくても手続ができるようになります。

まりこ
こんなに、沢山のメリットがあるんですね。でも、マイナンバーカードを保険証として利用するには、事前に登録が必要となります。
もっと詳しく知りたいという方は、下記、厚生労働省のホームページより確認くださいね。
厚生労働省
___

まとめ

いかがでしたか?
本当に便利になるのかも疑問です。
マイナンバーカードが保険証にとしてつかえますが、保険証がなくなるわけではありません。
医療機関でマイナンバーカードを使用するには、専用のカードリーダが必要なんですが、このカードリーダが設置されていないところでは、保険証を使用します。
つまり、急に行く病院なんかでは、カードリーダが有るのか無いのわからないので、結局両方のカードを持つことになっちゃいますね。
これだど、使用する側としては、保険証だけでよくない?ってなっちゃいそうですね(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回の記事へのご質問や感想は、下記LINE@まで気軽にお問合せくださいね。
(@^^)/~~~