yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

任意接種は受けなくていい!という誤解

まりこ
みなさん、こんにちは!育児中の薬剤師、まりこです。
子どもにワクチンを受けさせたことのある人なら、「定期接種」と「任意接種」という2つの言葉を聞いたことがあると思います。
でも、この違いをきちんと理解していますか?
定期接種は「絶対に受けなければならないワクチン」
任意接種は「受けても受けなくてもいいワクチン」と思っていませんか?
実は、それ誤解なんですよ。
今回のお話

___

定期も任意も接種が必要

実は日本の「予防接種スケジュール」に入っているワクチンは、「定期接種」でも「任意接種」でも重要性は同じなんです。
試しに日本小児科学会の推奨ワクチンを検索してみると、おたふく風邪やインフルエンザなど、定期接種ではないけど任意接種ワクチンというのがあるのが分かります。
では「定期接種」と「任意接種」の違いなんなのでしょうか?

定期接種と任意接種の違い

定期接種とは自治体で対象者に無料で提供するよう国が法律で定めたワクチンのことです。
定期接種と任意接種の違いは、有料か無料かの法律上の違いにすぎません。
どのワクチンを、誰を対象に、定期接種(無料)とするかの判断は、ワクチンの値段や供給量、導入の過程で大きなトラブルがなかったかなど、ワクチンの必要性や重要性とは関係のないことで決まっているのです。
___

おたふく風邪ワクチンも定期接種に含まれていた?

1989年、麻疹・おたふく風邪・風疹の3つの病気を防ぐMMRワクチンが男女ともに定期接種となりました。
ところがMMRワクチンの接種後、ウイルス性の髄膜炎になる子がいるという報告が相次ぎました。
調査の結果、MMRワクチン製造企業の1つが、おたふく風邪ワクチンの製造方法を無許可で変更し、十分に弱毒化できていないワクチンを出荷していたことが分かりました。
すぐにMMRワクチンの使用は中止となり、代わりにおたふく風邪ワクチンを含まない、MR(麻疹・風疹)ワクチンが定期接種となりました。
本来なら、おたふく風邪ワクチンの安全な製造方法を徹底させ、MMRワクチンを定期接種として復活させればよかったのですが、今日に至るまで、おたふく風邪ワクチンは定期接種に含まれていません。
___

定期接種ではないから招いた風疹流行

任意接種の問題点は、接種率が低くなることです。
おたふく風邪ワクチンは、麻疹や風疹のワクチン同様に重要なワクチンですが、MRワクチンの接種が全国平均で95%なのに対し、任意接種となったおたふく風邪ワクチンの接種率は40%以下となっています。
MMRワクチン導入を機に、男子にも定期接種となった風疹ワクチンですが、当初単味ワクチンで、女子だけを対象とする定期接種でした。
そのため、2020年現在、41歳から58歳の男性の接種率が低く、これが風疹流行の原因となっています。
生ワクチンである風疹ワクチンは妊娠中は接種できません。
ところが妊娠中の女性が風疹に罹ると、生まれてくる赤ちゃんに難聴や白内障、先天性心疾患などの先天性風疹症候群と呼ばれる障害を引き起こします。
2019年も全国で4例の報告がありました。

___

まとめ

「定期でなければ接種する必要がない」という誤解や「有料なら接種をやめておこう」という考えが、子供たちの命や健康に大きな影響をもたらすことがわかりましたね。
子どもたちはワクチンを接種して、元気で健康に育っていく権利をもっています。
任意接種でも自治体の助成があるところがほとんどです。
妊娠を考える女性やこれから生まれてくる子どもたちのためにも、定期、任意に関わらずワクチンは積極的に接種していただきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回の記事へのご質問や感想は、下記LINE@まで気軽にお問合せくださいね。
(@^^)/~~~