yoku1
mariko
kakiuchi
kagau
hikosaka
matumoto
sp5-768×259
キャプチャ

秋バテに要注意!!今からできる予防と対策

まりこ
みなさん、こんにちは!育児中の薬剤師、まりこです。
よろしくお願いします。
お盆を過ぎ、ようやく暑さが和らいできましたが、小さなお子さんと暮らす家庭にとってはまだまだ油断できません。
お子さんは、冷房の効いた部屋に長時間いて、冷たい食べ物や飲み物を取ったりしますよね。
こういう生活を続けると、秋口になって気だるさや食欲不振が続くようになったりします。
これは、ひょっとする『秋バテ』かもしれませんよ。
今回は、この『秋バテ』についてまとめていきます。
今回のお話

夏バテとはどう違う?

秋バテとは、真夏の生活習慣により、自律神経などが乱れ、食欲不振や倦怠感などの不調が秋までつづくことです。
夏バテの症状や原因と大きな違いはありませんが、夏が終わり秋口にもこのような症状が起きる、継続していることを「秋バテ」と呼ばれています。
真夏はほとんどの公共の場で冷房が効いています。
そのため外出のとき、外気との急激な温度差によって自律神経が乱れ体調不良につながるケースも多いのです。
また冷たい物ばかりを口にすると胃腸への負担が大きくなり、それによって起こる消化機能の低下も秋バテとなる一因です。

秋バテの予防と対策

それではどのように秋バテを解消していけばよいのでしょうか。
まずは生活習慣を見直し、徐々に夏型の生活から秋型の生活へシフトしていくことが求められます。

食事

栄養バランスが取れた食事がベストですし、胃腸を刺激する冷たい食べ物は極力避けたいところですが、どうしても冷たいメニューになってしまう場合、飲み物のお茶は温かくするなどしてバランスを取りましょう。

空調調節

真夏の猛暑で受けたダメージや冷房で冷えた体を徐々に回復させなければいけません。9月などは猛暑日などもありますので、熱中症の危険性がありますが、徐々に冷房離れをするように心掛けましょう。

入浴

入浴には血行を促し、冷房で硬直した筋肉を和らげる効果があります。さらには体内に溜まった老廃物を排出させようという動きが活発になります。
シャワーだけにしがちなこの時期だからこそ、しっかり入浴をしてくださいね。

運動

夏場、冷房の影響で汗をかかなくなるため、体温調節がさらに鈍くなり、これも秋バテの一因となります。
早朝や日が沈みかけた夕刻時などを利用し、わずかな時間でもウォーキングなどの有酸素運動で体を動かす習慣をつけましょう。

睡眠

きちんと体調を整えるためにも睡眠も重要です。暑さで眠りにつけない場合、冷房を使うことは有効ですが、冷房は冷えの原因になることから高めの温度(28℃程度)に設定しタイマーをかけるようにしましょう。扇風機に関しては、直接風が当たったままの状態だと体温が奪われるため、首振り機能を使うなどしましょう。

秋は冬への準備期間

9月が過ぎれば全国的に気温が落ち込んできますが、急激な気温の変動によって体調を崩すことも考えられます。
人間は、最低と最高の気温差が5℃を超えると体が温度変化に対応できずさまざまな体調不良を引き起こします。
また、インフルエンザをはじめとする感染症が大流行するのもこの季節。特に免疫力が低下した状態ではあらゆる病気にかかりやすくなるので、本格的に冬が始まる前に秋バテを克服しておきましょう。

まとめ

四季の特徴が豊かな日本では、そのシーズンならではの風景や食べ物、行事など年間を通して楽しむことができます。しかし、急激な環境の変化が私たちの頭を悩ませています。
日ごろから体調管理に気を配り、病気の予防に努めていくことが、厳しいシーズンを乗り切るために必要なことなのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事に関する質問や感想は下記LINE@までお気軽に連絡くださいね。